運は消費するもの

投稿者:貴喜遵弥

運は消費するもの

運の状態を知る

どのような運の有無や、どこから影響が来ていることに対してどうすれば道が通る通らないなど。このような鑑定を時にすることがあります。

ご依頼者の運の有無だけでなく、いろんな仕組みを見てきた時にやっぱり調整したほうが良いという場合は、お伝えしていかなければならないとも思っています。

すぐにはご理解しにくいかもしれませんが、当所のご依頼者の方は結構な割合で霊感者(異変や変化を感覚でわかる方)がおられますし、実感されてそれをクリアしていくと楽になられる傾向もおありの方が多いです。

その点はこのような見えない世界を扱っていても、実感や体感、現実反映がすぐに伴うというのはそれはとても言葉としてやり取りする以上に時に大変役立ちます。

運というのは一度備えたら永久に減らないというものではありません。

それは車で言うところのガソリンと同じです。消費するものだし、使えばなくなる。だから運は何もしないと尽きるというのはそこだけ切り取って言うとその通りです。

でも、注意してください。

他人のエネルギーを盗んで浮上していくような人種はこの世にいますが、世界の仕組みとして運を持っていないと浮上できない世界になるならば、それにアジャストしてくる人は必ず増えます。それが人が環境に適応するということだからです。善悪ではなくて。そのやり方の問題はあるにしても生存本能というべきもの。

けれども縁あるご依頼者には、そのような他人から奪って浮上していく人の餌にはなってほしくないな・・・と思っています。

(写真は年末のカワックのフィルター掃除時)

著者について

貴喜遵弥 administrator

霊視&フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!